2020年3月20日金曜日

斜光

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5

薄暗い室内。

しかも部分的に強いハイラトが当たっている。

これだけの明暗差でもシャドウ部が黒つぶれすることなくトーンを描いている!

ミノルタのレンズの特徴というか、SONYに引き継がれてるのか??

マクロレンズであるから、当然解像力は高いはずだが、それでも硬さを感じさせないのはトーン表現が柔らかいからなのかもしれない。

切れ味と柔らかさを併せ持つレンズなんだな^^;



0 件のコメント:

コメントを投稿

最新の投稿

武家屋敷あたり

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5 金沢学生のまち市民交流館 さて、マクロレンズですが街中撮影ではどうでしょうか? この漆喰の建物の白のトーンの豊富さはなかなかですね。 NEX-5N MINOLTA...

人気の投稿