2020年10月6日火曜日

コスモスの通り抜け PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4 編

 

NEX-3 PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4

バリオゾナー4/80−200とほぼ同じ構成のPENTAXの望遠ズームですね。

いやいや、良いですね!w

ちょっと作り物っぽい絵だけど美しいです!w



NEX-3 PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4

バリオゾナーとの違いはこの望遠ズームにはマクロモードが設定されています!

ですが、どういうわけなのか?

マクロモードはワイド端75mm固定のようですね^^;

F4通しだとボケ味的には深度の深いものになります。






NEX-3 PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4

何気に寄れるレンズですね!w

マクロ域なんで75mmくらいでも良いのか?







NEX-3 PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4

透過光もいい表情だね!

これはトーンの中間調が豊富な証ですね!

こういう用途であれば最適な一本じゃないですか!w





NEX-3 PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4





NEX-3 PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4

盗撮と言われない程度に人物を配置してみます^^;w




NEX-3 PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4

バリオゾナー4/80−200が主と従を描き分けるような描写だとしたら、ペンタックスAはよりニュートラルなボケ方をしているように見えますね。

ただ、どこか嘘っぽさも感じられる絵なんだよねぇ、、、、。

綺麗すぎるのかな??





NEX-3 PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4

いやいや、このズーム使えますぞ!w

いいじゃないですか!!w

ヤフオクとかで釣れば間違えなく数千円の玉ですね!!





2020年10月4日日曜日

コスモスの通り抜け バリオゾナー4/80−200編

 

NEX-3 CONTAX Vario-Sonnar 80-200mm F4

バリオゾナーの80−200は全ズームレンジで単焦点レンズ並のキレとボケを誇ると言われております!

キレとボケ!

実にピントの山が掴みやすいレンズですね!

コントラストが開放から優秀なのでしょうね。





NEX-3 CONTAX Vario-Sonnar 80-200mm F4

ボケ方がそれほど大胆じゃないんだけど、うるさくないんだよね。

主と従を描き分ける!

そんな感じの描写ですね。


NEX-3 CONTAX Vario-Sonnar 80-200mm F4

本当にピントの山が掴みやすい!




NEX-3 CONTAX Vario-Sonnar 80-200mm F4

全ズームレンジで単焦点レンズ並のキレとボケ!




NEX-3 CONTAX Vario-Sonnar 80-200mm F4

細身で軽くて取り回しが楽!

それでいながらのこの切れ味!

しかも中古相場は1万円前後!!

バリオゾナー4/80−200は庶民の味方だ!w





2020年10月1日木曜日

コスモスの通り抜け スーパータクマーその2

 

NEX-3 PENTAX Super TAKUMAR 135mm F3.5

スーパータクマー135のボケ味^^l

完璧ですね!w




NEX-3 PENTAX Super TAKUMAR 135mm F3.5

前ボケも後ボケも素晴らしいです!





NEX-3 PENTAX Super TAKUMAR 135mm F3.5

なんだよ!

このキリリと引き締まった表情は!!




NEX-3 PENTAX Super TAKUMAR 135mm F3.5

トーン表現が良いんだろうねぇ!





NEX-3 PENTAX Super TAKUMAR 135mm F3.5

超小型軽量でこれだけ使えれば言うことなし!w

素晴らしいよ!!w












NEX-5N に装着してみた図!w

バランスも最高ですね!

もちろん、1970年代の玉ですからフルフレーム対応レンズです!


私が買った時は3千円でお釣りが来ましたね^^;w


2020年9月30日水曜日

コスモスの通り抜け スーパータクマー編

 

NEX-3 PENTAX Super TAKUMAR 135mm F3.5

小口径望遠単焦点レンズ!

スーパータクマー135mm F3.5です。

F3.5なので基本絞りは開放ですね^^;





NEX-3 PENTAX Super TAKUMAR 135mm F3.5

F3.5なので絞り開放でも結構被写界深度は深いですね。

それでいながら背景のボケ味は完璧じゃないですか??w

ここまでニュートラルなボケ具合って??

ちょっと記憶にないな、、、、、^^;w





NEX-3 PENTAX Super TAKUMAR 135mm F3.5

完璧なボケ味!!




NEX-3 PENTAX Super TAKUMAR 135mm F3.5

いやいやスーパータクマーすごいよ!!

どうやってレンズ枚数を増やして補正したところで、ボケ具合のニュートラルさは実現できないでしょう??

スーパータクマー135mm F3.5のレンズ構成は??



4群4枚!!w

補正レンズなんて一切なし!

これはテレテッサーかな??w

なんで?

そんなことが可能なのか??

小口径レンズだからです!w

開放F値が3.5!

だから絞り込む必要なし!

補正してないからニュートラルなんですね^^;

デジタルの現在だとF3.5でもライブビューで普通に使えますが、アナログでフィルムの時代だと暗いレンズはピントが合わせづらい、、、、、、。

だから、明るくしたかった〜!w

まあ、それでなくても小口径単焦点レンズって?

人気が出ないから売れない^^w;

だから作らない、、、、、。

しかしながら、実はこの領域!

ものすごく可能性が高いのです!

コンデジがなぜ死滅したのか??

スマホに駆逐されたんですよね??

小口径単焦点レンズ!

その代表格がスマホです!!

小口径ズームレンズでは敵わない!!www

同じ理由で!

スーパータクマー135mm F3.5は一眼レフさえ駆逐しかねない実力の持ち主でした^^;w


2020年9月28日月曜日

コスモスの通り抜け

 

NEX-3 CONTAX Planar 45m F2 (G)

犀川を下ってゆくとコスモスの通り抜けがあります。

Gプラナー濃ゆいですな^^;w




NEX-3 CONTAX Planar 45m F2 (G)

鮮やかです!

絞りはF5.6くらいだと思われます^^;(定かでない)



NEX-3 CONTAX Planar 45m F2 (G)

通り抜けはこんな感じです!



NEX-3 CONTAX Planar 45m F2 (G)

こちらが絞り開放!!

NEX-3の最低ISOは200ですから、トンでしまってますね^^;

それでもプラナーのトーン表現の豊かさでなんとか破綻しないで持ち堪えていますか??

NEX-3とは、ずいぶん古い写真を引っ張り出してきたもんですな^^;

日時: 2012/09/26 14:07:26 とExifに出ていました。



NEX-3 CONTAX Planar 45m F2 (G)

F4まで絞るとこんな感じのようですね^^;

この玉はフルサイズで使う玉だな^^;w




2020年3月22日日曜日

武家屋敷あたり

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5

金沢学生のまち市民交流館


さて、マクロレンズですが街中撮影ではどうでしょうか?

この漆喰の建物の白のトーンの豊富さはなかなかですね。




NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5

遠近感を出すためにあえて絞りを開けたんでしょうかね?

それとも偶然??

f3.5   1/400 という露出になってました。

絞り開放でもそれほどボケは緩めですね。

木の枝が空に喰われてます^^;



NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5

こちらはf4.5  1/160でした。

いやミノルタのAマウントレンズは露出データが残るので便利だわ!w

このコマはいかにもマクロレンズらしい描写です。

端正できめ細やかで質感もGOOD!

APS-cだと75mm相当の中望遠の画角になりますがフルフレームなら定番の画角です。

F3.5だとサイズも小柄で当然重量も軽いのでこれ一本つけてお散歩も良いかもしれません。













2020年3月20日金曜日

斜光

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5

薄暗い室内。

しかも部分的に強いハイラトが当たっている。

これだけの明暗差でもシャドウ部が黒つぶれすることなくトーンを描いている!

ミノルタのレンズの特徴というか、SONYに引き継がれてるのか??

マクロレンズであるから、当然解像力は高いはずだが、それでも硬さを感じさせないのはトーン表現が柔らかいからなのかもしれない。

切れ味と柔らかさを併せ持つレンズなんだな^^;



2020年3月19日木曜日

市民芸術村 室内と屋外

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5

このレンズは万能レンズですね!

何を撮ってもちゃんと絵になります。

発色はどちらかというと暖色寄りでヤシコンの寒色寄りとは対照的な感じでしょうか?

その分柔らかめの表情に出てきますね。

金属の冷たさが感じ取れない気もするかな??



NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5

トーンの幅が大変に広いと思いますね。

中間調からシャドウにかけての粘りがあると思います。

ハイライト付近はちょっと持ち堪えていないのか??

その辺がアナログくささの一因なのかもしれませんね。






2020年3月18日水曜日

オオイヌノフグリと立金花

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5  1/1250  f3.5

ミノルタAFマクロですが、肝心のマクロとしての性能はいかがでしょうか?

オオイヌノフグリは1cmにも満たない小さな花です。

ここでもマクロレンズにありがちなカリカリした絵にはならず、柔らかい描写を見せてくれています。

それでいながらディテールは的確に捉えている感じですかね?



NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5    1/320    f8.0

立金花です。

絞りはF8まで絞られていますね。

個人的にはここまで絞ることはしないので逆に新鮮ですね!

しかし、なんでしょうね?今レンズ!

ものすごくアナログくさい絵に見えます。

なんなんだろう??w





2020年3月17日火曜日

御手洗

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5 1/100 F5.6

ミノルタのAFマクロです。
マクロ域はもちろん、このくらいの間合いでも文句のない描写ですね。
階調が豊かです。
NEXにAマウントアダプターだとマルチモードで絞りの制御が効き、その上データも残るのでありがたい限りです^^;




NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5 1/200 F5.6

いやいや、シャドウ部の階調は見事ですね!
美しいグラデーションを再現しています。
マクロレンズはカリカリの切れ味になるものが多いようですが、この玉は柔らかい表情を見せてくれますね。
背景のボケはちょっと硬い印象があるかな?
もう少し検証してみないとなんとも言えない感じか??










2020年3月7日土曜日

ヤブツバキ

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5

ミノルタのAFマクロ 50mmで開放F3.5です。
扱い易いレンズですね。
NEXで使う場合このレンズだと絞り値が記録されています。
F5.6になっています。
そうです!
このレンズだと絞りがオートで使えるんですね!
下手にマニュアルで絞り値を決めるより、結果的に良かったというのが多かった気がします^^;

2020年2月9日日曜日

プラナーの柔らかさ

NEX-5N Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 AEG

光が弱い。

あえて絞りは開放で!

案の定ピントは外している、、、、。

プラナー1.4/85 大口径レンズならではのボケ味。

そして柔らかさ。

デジタルの受光素子でもこれだけ柔らかく写せるんだな、、、、。



2020年1月24日金曜日

ビオゴンでポートレート

NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8 (G)

成人式の祝賀会から市議会銀の挨拶。

ビオゴンは絞り開放です!



NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8 (G)

広角レンズですけど、絞りは開放なので一見広角レンズの絵に見えません。

写真をクリックすると拡大表示されますので試してみてください!

絞り開放でこれほど切れるレンズって??w

やっぱ、ビオゴンただもんじゃないな!!w










2020年1月23日木曜日

総絞り その2

NEX-5N CONTAX Planar 45mm F2 (G)

総絞りの振袖。

この着物は彼女のお母さんが成人式で着たものだという、、、、、。




NEX-5N CONTAX Planar 45mm F2 (G)

大胆な図柄もなければ、色彩も単色に近い一見地味そうに見えるかもしれないが、明らかに周りのものとは格が違うオーラを放っている!

この格の違いはなんだろうか??

世代を超えて受け継がれてゆく格式、、、、、。

本当に良いものは、まるで周囲が霞んで見えるほどの存在感を放つ!

そして彼女の美貌は着物に負けていないどころか、名馬を名騎手が乗りこなしているような一体感と爽快感がある!

プラナー2/45Gはその輝きにさらに切れ味を加えているように見える。

なんとも、趣深い一コマが撮影できた。






2020年1月22日水曜日

総絞り

NEX-5N Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 AEG

成人式のカメラマンのボランティア、今年で15年以上くらいか??

もうすぐ成人式かも??w

今年も成人式で使用したオールドレンズの写真を並べてみましょうかね?




NEX-5N Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 AEG

長年成人式を見てきましたけど、この子は本当に綺麗だわ!w

着物も一見派手さはないけど、これは高級なやつだよ!!

なんでもお母さんが成人式で着た着物なんだとか、、、、、。

すごいな!!

この写真は、成人式でも舞台上で成人代表として記念品を受け取ったり、誓いの言葉とかをいうシーンです。

なので、舞台用の照明が当たっていますね!

やっぱ写真は光だよ!w

十分に明るいので絞りはF2.8まで軽く絞っていますね。

キングオブキングスのキレとボケの融和点を使用している絵です!

柔らかさと切れ味を兼ね備えています^^;








最新の投稿

コスモスの通り抜け PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4 編

  NEX-3  PENTAX A ZOOM 75mm-210mm F4 バリオゾナー4/80−200とほぼ同じ構成のPENTAXの望遠ズームですね。 いやいや、良いですね!w ちょっと作り物っぽい絵だけど美しいです!w NEX-3  PENTAX A ZOOM 75mm-210...

人気の投稿