ラベル Carl Zeiss Sonnar 2.8/180 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Carl Zeiss Sonnar 2.8/180 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年9月22日日曜日

彼岸花 × ゾナー180


NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

望遠単焦点、大口径レンズです。
望遠大口径ならではのボケ味!





NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

このコマは開放じゃないですね!
F5.6くらいかな??




NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

こういうボケ方が望遠単焦点大口径レンズ!





NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

最短撮影距離です。




NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

望遠単焦点大口径レンズでなければ物理的に捉えられない絵がある!
これがオリンピアゾナーの潜在力だ!w
まあ、ズームでも200mm F2.8クラスのズームならイケるんだろうけどね??w




NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

大口径望遠レンズ!w





NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

180mmでF2.8クラスはモンスター級ですね!w
この玉の愛称は「モンスター」です^^;w












2019年9月11日水曜日

御手洗(みたらし)


NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

御手洗(みたらし)おてあらいと読んでも差し支えありませんが、トイレットのことではありません!w
ゾナーの空間はやはりニュートラルが売りだと思いますね!
プラナーだと一点にフォーカスが来てあとは溶けるようにボケていきますが、ゾナーだと前後関係とか、背景との距離感とかがつかめる感じにボケてゆきますね。
プラナーが情緒豊かな表現だとすれば、ゾナーは几帳面で素直なところが売りなのかな??w

2019年9月10日火曜日

ミニトマト


NEX-5N CONTAX Sonnar 180mm F2.8 AEG

大口径単焦点望遠レンズの描写!
ボケかたに大口径を感じ取れますね!
それでいながらゾナーなのでプラナーと比べるとニュートラルなボケの空間が得られます。
ピントの合わせやすさもゾナーの方が断然上です。
プラナーはもっと官能的で、トロッとした感じのボケ味ですかね?
植物や昆虫狙いならゾナーかな??
女性のポートレートとかならプラナーで官能的に!!w

2019年9月8日日曜日

望遠単焦点!


NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

望遠レンズであればバリオゾナー80−200 F4があるのであえて単焦点望遠レンズを手に入れる必要性は感じていませんでしたが^^;
大口径という点ではプラナーの1.4/85というど定番がありますしね!w
しかしこのオリンピアゾナーの流れをくむ2.8/180の描写はなるほど単焦点レンズだ!と唸らせるものがあります!
望遠単焦点、しかも大口径!
180mmでF2.8は明るいよね!
その割には小型に設計されていますが、結構重いよね!w
NEXだと超アンバランスです^^;





















これでは、カメラ本体でホールドすることはすでに不可能ですね!w





2019年1月12日土曜日

三ノ峰

NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

プラナー1.4/85がキングなのに対して、ゾナー2.8/180はモンスターと呼んでいます^^;w
私的にはモンスター級ですけど?
もっとすごいのはいっぱいありますかね??w
とりあえず、このブログではゾナー2.8/180はモンスターという愛称で行きたいと思います^^;

三ノ峰??
とあるからには一の峰、二の峰もあるのか??
あります!w

白山に至る道は大まかに分けて3ルートあり、加賀禅定道、越前禅定道(現白山禅定道)、美濃禅定道となります。
一の峰、二の峰、三の峰を超えて来るルートは美濃禅定道になりますかね?
三ノ峰を超えて別山へとルートは続いていますが、これはかなりのロングコースになりますので、日帰りでの山行はかなり無謀な挑戦になります^^;



NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

上の写真をトリミングで拡大!
三ノ峰にも避難小屋があります。
今回もモンスターは避難小屋をしっかりと捉えていますね!w

一の峰、二の峰、三ノ峰、別山と歩く場合は三ノ峰避難小屋に食料をデポして、アタックザックで別山に挑むのが計画としては無難でしょうね。
当然、小屋泊まりの装備は必要になります^^;




2019年1月11日金曜日

西山からの別山その2

NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

白山別山をオリンピアゾナーでズームイン!w
肉眼では確認できない色々なもの写っていて驚かされます^^;w
望遠鏡だと思えばそりゃそうか??w



NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

上の写真のチブリ尾根の部分をトリミングで拡大してみます。
チブリ尾根の平になったところに避難小屋があるのがはっきりとわかりますね!
望遠レンズならズームの方が使いでは良いのですが、ここまで写るとなると望遠単焦点も手放せませんな^^;

バリオゾナー4/80−200であれば、キングもゾナーも飲み込んでしまうだけのズームレンジがあるんだけど、最近はやっぱり単焦点2本持ちが多いですかね?w







2019年1月2日水曜日

明神壁からの白山

NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

ゾナー2.8/180で撮影した白山です。
明神壁は旧鳥越地区にある、白山絶景スポットの一つですね。
登山といっても、登り口から30分ほどで行けてしまう手頃なハイキングコースです。
ただし、冬場だと雪の状況次第では危険かもしれませんので、雪が溶ける頃をお勧めします^^;


カシミール3Dでシミュレーションしてみると、加賀禅定道が一望できているのがわかります。
なるほど、お勉強になりますね!
この位置からだと、正面が四塚山と七倉山になってしまい、白山の山頂である御前峰は見えていないようです^^;



2019年1月1日火曜日

西山からの白山

NEX-5N Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 AEG

ここでは、CONTAXという表記は日本のヤシコン製、Carl Zeissという表記は当時の西ドイツ製ということで、使い分けて行きます。
どちらも、レンズにはCarl Zeissという刻印しか入っていませんが、、、、。

年が改まったので、しばらくは雪山の写真を特集してみますかね??
これはオリンピアゾナーの流れをくむゾナー2.8/180です。
望遠レンズでありながら、解放F値が2.8と明るく大口径なレンズです。
その割には比較的小型化に成功している感じでしょうか?
ただし、重量は815gとかなりのヘビー級です^^;

その分切れ味ボケ味共に期待を裏切らない玉ですね!

最新の投稿

紅葉 × ゾナー 2.8/135

NEX-3 CONTAX Sonnar 135mm F2.8 AEJ ゾナー2.8/135です。 CONTAXレンズ群の中では最廉価レンズの部類に入りますかね? プラナー1.4/50、ディスタゴン2.8/28に加えてこのゾナー2.8/135の3本が揃えばCONTAX入...

人気の投稿