2019年6月30日日曜日

ニッコウキスゲと白山プラナー35編

NEX-5N CONTAX Planar 35mm F2 (G)

35mmという焦点距離はフィルム時代は広角レンズとして定番の長さでした。
街角スナップとかで使いやすい画角という感じかな?
ただ、開放F値2という明るさになると一眼レフ用ではそれなりに大きなレンズになってしまいます。
G1、G2はレンジファインダータイプでしたので、このプラナー2/35は一眼レフ用のF2.8と比較しても圧倒的に小型で軽量です。

フィルムやフルサイズでは広角レンズの部類になるはずの35mmはNEXのようなAPS-Cのセンサーだと換算55mm相当と昔でいう標準レンズの画角になりますか?
今回は35mmでありながら開放F2の実力を検証してみます^^;w
まずはF8くらいに絞り込んでパンフォーカス的な35mmらしい絵です。



NEX-5N CONTAX Planar 35mm F2 (G)

同じような構図でもF2開放まで開けると中心の花一点にしかピントは合っていません。
この辺りが開放F値2の実力ですかね?
その上構成がプラナータイプなのでボケ味の柔らかさも楽しめます。


2019年6月27日木曜日

ホタルブクロ

NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8 (G)

白山の花、今回はホタルブクロです。
蛍袋、キキョウ科の多年草です。
うちの庭にもたくさん咲いていますが、白山のホタルブクロはちょっと優雅に見えます^^;w
2.8/90ゾナーは小さくて軽くて中望遠ですので、こういう背景が乱雑な被写体でもそこそこぼかしてくれますし、ボケ味も素直です。
開放から切れ味も良く使いやすいレンズですね。
流石にこの玉はG1時代のオートフォーカスでは使い物にならなかったでしょうねぇ、、、、。
デジタルのライブビューは偉大だ!w

2019年6月26日水曜日

ハクサンフウロ

NEX-5N CONTAX Sonnar 980mm F2.8 (G)

ハクサンフウロ(白山風露)です。
フウロソウ科フウロそう属の多年草で、東北から中部地方(伊吹山まで)の高山に生息しています。
夏の白山に登ったことがある人であれば、見たことがあると思います。
特に観光新道から登った場合は殿が池付近でよく見かけますかね?




NEX-5N CONTAX Sonnar 980mm F2.8 (G)

柔らかくて優しい感じの花ですね。
ゾナーの質感の豊かさを改めて感じ取れました^^;w







ニッコウキスゲと白山

NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8 (G)

白峰西山白山高山植物園です。
この公園からは白山が綺麗に見渡せますね。
ニッコウキスゲと白山のコラボ!
これは迫力がありますな^^;w

2019年6月25日火曜日

エゾヒカゲノカズラ

NEX-5N CONTAX Planar 45mm F2 (G)

エゾヒカゲのカズラ。
苔の仲間でしょうか?
白山周辺の山ではよく見かけます。
形も特徴的なので一度見たら忘れないタイプの植物ですかね?

2019年6月23日日曜日

Gプラナーでニッコウキスゲ

NEX-5N CONTAX Planar 45mm F2 (G)

CONTAX G1でプラナーといえば 2/45当初はそれのみでしたか?
後に2/35プラナーが追加されます。

プラナーといえばコンタックス、1.4/50が定番中の定番でしたね。
1.4/50の場合開放ではコントラストも低く甘い描写が売りでしたが、G1のプラナーは開放から切れる!
これが当時衝撃を与えたと記憶しております^^;w


NEX-5N CONTAX Planar 45mm F2 (G)

まあ、開放から切れるレンズなので、それなりに絞れば文句のつけようがない??w
万能レンズという表現では事足りない感じかな?
このレンズのすごさに関しては、もっともっと突き詰めた検証が必要だと感じます。
デジタル世代では次々と新しくて高性能な物が世に出てきていますが、新しいアプローチではなく、伝統的なアプローチを究極まで突き詰めたのがプラナー2/45だと思うんですけどね?

まあ、おいおい検証してゆきましょうかね?w

ニッコウキスゲビオゴン28編

NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8 (G)

白峰の西山白山高山植物園のニッコウキスゲです。
6月の20日前後が見頃でしょうかね?
こういう群生する花は広角28mm前後が捉えやすいと思います。
ビオゴンならではのボケのグラデーションが冴えてますね!w



NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8 (G)

ニッコウキスゲの大群生の背景に白山連峰!
このロケーションは他にないでしょう??w




2019年6月22日土曜日

ハクサンダイゲキ

NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8 (G)

トウダイグサ科トウダイグサ属多年草で日本海側に生息する我が国特有の植物であると記されていました。
ハクサンと付くからには白山特有かと思いましたが、そうでもなさそうですね。
こういう塊になって咲いている花を撮影するには2.8/28くらいの広角レンズが使いやすいと感じます。
ビオゴンは開放からインフォーカス部のキレが半端ないので開放でいけますね!

2019年6月21日金曜日

イブキトラノオ

NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8 (G)

白山の花第2章ですかね?w
今回はイブキトラノオです。
タデ科イブキトラノオ属の多年草です。
イブキは伊吹山から来ているようで、北海道から九州の高山に広く分布していますが滋賀県の伊吹山に特に多く生息していることから、この名前が付けられたようです。

白山では観光新道や南竜道、南竜の野営地あたりでよく見かけます。
群生していることが多いですかね?


2019年6月20日木曜日

ヤマブキショウマ

NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8 (G)

白山の花シリーズ、エスプラナー編は終了しましたが白山高山植物園で撮影したものが新たに登場します!
まずは、ヤマブキショウマですね。
撮影場所は白峰西山の白山高山植物園です。
白山の植物を保護するために作られた施設で、白山特有の植物をバックアップとして人工的に移植して保護を試みています。

と言っても今回のヤマブキショウマは白山でも見かけますが標高の低い山でも普通に見かける植物ですかね?w
こういう花の場合マクロレンズとかではかえって苦戦するかもしれません。
ビオゴン2.8/28くらいの広角寄りの玉の方が捉えやすいと思いますね。
ボケもキレも極上のビオゴンだからこそ安定感のある写真を得られます!

2019年6月18日火曜日

ルイヨウボタン

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山の花ルイヨウボタンです。
メギ科ルイヨウボタン属の多年草で葉っぱの形がボタンの花に似ていることからこの名前がついたようです。
北海道から九州に分布する花ですので、白山特有の種というわけでは無いようです。

花びらに見えるのもは、実は萼で中心部のこじんまりして部分が本来の花です。
秋になると黒紫色の実をつけます。
ボタンの葉っぱに黒紫色の実がついていたらルイヨウボタンである可能性が高いですかね?



コケイラン

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山の花今回はコケイランです。
ラン科コケイラン属の多年草で、別名はササエビネ(笹海老根)とも呼ばれています。
葉の形が笹の葉に似ている海老根のような花という意味合いのようですね。
白山特有の花というというわけではなく、北海道から九州までの高山地帯に広く分布しているようです。
私自身は白山以外で見た記憶は無いですけど^^;w




NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

確かにエビネに似ていますかね?
白山以外であまり見かけないのは、やはり心無い人々による盗掘が原因なんじゃ無いでしょうか?
白山の花々は白山の神々に見守られていると感じますな^^;
いつまでも、美しい花が咲き乱れる白山であってほしいと願ってやみません!












2019年6月16日日曜日

ツクバネソウ

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山の花、今回はツクバネソウ(衝羽根草)です。
ユリ科ツクバネソウ目の多年草。
白山では白山禅定道でも砂防新道でも見ることができます。




NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

花の部分をアップで!




NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

面白い形の花ですね。
この後実がついて、その実の形が衝羽根に似ていることからこの名前がつけられたようです。

なるほど、実の写真は撮っていませんね。
夏に白山に登るときは注意してみてみたいと思います^^;













ササバギンラン


NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山の花、今回はササバギンランです。
白山周辺にはギンランもササバギンランもあるという話ですが、これはササバギンランだと思われます。
葉っぱの形が違いますね。
葉の先端が花よりも高くなったり、同じくらいまで伸びるのがササバギンランの特徴です。



NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

30年ほと昔はうちの周辺でも見かけた花ですけど、最近はほとんど見ていません。
心無い人が掘り返して持ち帰るんでしょう、、、、、、。
寂しいですね、、、、。

もちろん、白山国立公園内でも植物の採取は法令で禁じられていますので、持ち帰りはご法度です!
誰が見ていなくても、白山の御神様がご覧になられているので、罪障の報いは自ら背負うことになりますよ!w


2019年6月15日土曜日

アカモノ

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山の花、アカモノです。
別名イワハゼ(岩黄櫨)とも呼ばれているようです。
ツツジ科シラタマノキ属とされています。
6月の白山禅定道ではあちらこちらで見ることができます。




NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

地面いへばりつくように群生しています。
花が終わると赤い実をつけるようですね。
白山禅定道では六万山から指尾山の間の比較的標高の低いところで見られるようです。
砂防新道では確認していません。
おそらくあるとは思いますけどね?











2019年6月14日金曜日

マイヅルソウ

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山の花、今回はマイヅルソウです。
葉っぱの形が鶴が羽を広げたように見えるのでこの名前がついたようですね。
これは白山特有の花ではなく乗鞍岳周辺でも見かけました。




NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

こんな感じで群生して咲いていることが多いようです。
この写真は市ノ瀬から六万山に向かうあたりで撮影しましたが、砂防新道あたりでも6月の初旬に群生していたのを確認しています。







2019年6月12日水曜日

オククルマムグラ

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

オククルマムグラです。
なんじゃそりゃ??
そんな花ですかね?
白山禅定道にはたくさん咲いていましたが、他の地では見た記憶がありません^^;





NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

結構群生していました。
これを特定するまでにはかなり苦労しましたが、おそらく間違えないと思います^^;







花筏

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山の花今回は花筏(ハナイカダ)です。
葉っぱの中心に花が咲きまるでイカダのように見えることからこの名がついたようです。
虫が邪魔か??w
もう少し寄ってみましょう!




NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

右側のは蕾ですかね?
エスプラは等倍マクロなのでまだまだ寄ろうと思えば寄れます^^;
こういう対象を見つけるとマクロレンズって面白いなと思いますね。








2019年6月11日火曜日

栃の木の透過光

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山禅定道の栃の木です。
秋になると栃の実がたくさん落ちていますね。
透過光が美しかったので撮ってみました。
透過光を見るとレンズの特性がよくわかります。
コントラストもさることながら、ハイライトの色彩が失われていませんね。
エスプラナーはハイライトにおける耐性がひときわ高いレンズだと感じています。
コントラストは高いけれど中間調の弱いレンズだとガチガチに硬い絵になりがちですが、エスプラナーは柔らかい表現に長けていますので、硬い雰囲気にはなりません。

2019年6月10日月曜日

ホウチャクソウ

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

ホウチャクソウです。
結構大きな植物で70cm越えとかのも見かけますがチゴユリ属の花らしいです。
チゴユリはせいぜい15cm〜20cmていどの文字通り小さな花なんですけど?w
よく似た花でアマドコロやナルコユリは山菜として食べることができますが、ホウチャクソウの若芽は有毒成分を含んでいるため食べられません!
まあ、白山の花を語るに際して、食べられるかどうか?を述べること自体不謹慎ですかね?www

白山特有の花というわけではなく、うちの近所でもよく見かけます。
標高200m以下の山でも咲いているので高山植物という分類にはあたりませんね。

2019年6月9日日曜日

ユキザサ

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山の花、ユキザサです。
ユキザサはユリ科の多年草で、それほど標高の高くないの樹林帯に多く見かけます。
白山特有の花ではなく、富山県の山でも多く見かけました。
小さいやつは20cmくらい、大きいのは50cmを超えるものもあります。
二種類あるのかなと思うほど大きさに違いがありますね。
5月から6月あたりによく見かけると思います。
山菜を採る人達に言わせると「食べられる」らしいですが??w
この可憐な花を見てしまうととても食べる気にはなりません^^;
もちろん、白山国立公園内で植物を採取すると法律により罰せられます!w

エスプラナーが頼りになると感じるのは、こういう樹林帯の中で薄暗い条件でもしっかりとした描写が得られる点ですかね?

2019年6月8日土曜日

ルイヨウショウマ

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

ルイヨウショウマです。
キンポウゲ科ルイヨウショウマ族に分類されています。
私自身は白山禅定道以外で見た記憶はありません^^;
気が付いていないだけかも?w
湿度が安定した樹林帯で生息する花ということです。

2019年6月7日金曜日

ヤグルマソウ

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山の花、今回はヤグルマソウです。
これは高山にしか咲いているのを見たことがありません。
この状態はまだ蕾で白いふわふわの花が咲きます。
これはユキノシタ科のヤグルマソウで、ヤグルマギクの別称とは別の花ですね。
この個体で80cmくらいはあったと思います。
結構大きくなりますね。

プラナータイプはこのくらいの間合いのボケ味が泣き所なんですがエスプラナーはガサつく一歩手前で持ちこたえている感じかな?w
主題の描写そのものはしっかりしていると思います^^;

2019年6月6日木曜日

フタリシズカ

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

白山禅定道の6月の花。
まずはフタリシズカです。
センリョウ科のの多年草でそれほど標高が高くない里山でも頻繁に目にする花です。
もちろん、ヒトリシズカという種も存在しますが、白山山域でヒトリシズカはまだみたことがありません^^;w

こういう写真を撮影するのがマクロレンズ本来の使い方でしょうか?
エスプラの描写はマクロといっても柔らかく立体的な描写だと思います。

2019年6月5日水曜日

雪解け水

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

6月の市ノ瀬。
雪解け水ですね。
特にこれといって語る要素はない写真ですが^^;w
こういう風景写真的なコマも普通以上に使えるエスプラということで、、、、。
マクロレンズ専門じゃないよ??w
それでは、次回以降はマクロレンズとしてのエスプラの実力に迫っていきたいと思います^^;w

2019年6月4日火曜日

6月の市ノ瀬

NEX-5N Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8 AEG

さて、6月は市ノ瀬から白山禅定道の花の特集を組もうと思います。
その前に、マクロだけじゃないエスプラナー!
ということで、数枚プロローグ的にアップしてみます。
市ノ瀬の新緑は5月の連休くらいが見頃で6月に入るとすでに夏の様相ですかね?
エスプラナーはマクロはもちろん、遠景まで変わらない切れ味を誇ります^^;
APS-Cだと90mm換算と中望遠レンズ的な絵になってしまいます。
フルサイズだともっと使いやすい画角にるレンズであることは間違い無いんですが^^;w

2019年6月1日土曜日

ビオゴンと猫 ちゃあちゃん

NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8 (G)

ビオゴンの切れ味とボケ味!
猫編です^^;w
当然ながら絞りは開放!
この切れ味とボケ味、そしてコントラスト再現性!
写真はイマイチでもビオゴンの実力には震えるくらいぞっこんになってしまいます^^;w

最新の投稿

武家屋敷あたり

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5 金沢学生のまち市民交流館 さて、マクロレンズですが街中撮影ではどうでしょうか? この漆喰の建物の白のトーンの豊富さはなかなかですね。 NEX-5N MINOLTA...

人気の投稿