2020年3月18日水曜日

オオイヌノフグリと立金花

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5  1/1250  f3.5

ミノルタAFマクロですが、肝心のマクロとしての性能はいかがでしょうか?

オオイヌノフグリは1cmにも満たない小さな花です。

ここでもマクロレンズにありがちなカリカリした絵にはならず、柔らかい描写を見せてくれています。

それでいながらディテールは的確に捉えている感じですかね?



NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5    1/320    f8.0

立金花です。

絞りはF8まで絞られていますね。

個人的にはここまで絞ることはしないので逆に新鮮ですね!

しかし、なんでしょうね?今レンズ!

ものすごくアナログくさい絵に見えます。

なんなんだろう??w





0 件のコメント:

コメントを投稿

最新の投稿

武家屋敷あたり

NEX-5N MINOLTA AF Macro 50mm F3.5 金沢学生のまち市民交流館 さて、マクロレンズですが街中撮影ではどうでしょうか? この漆喰の建物の白のトーンの豊富さはなかなかですね。 NEX-5N MINOLTA...

人気の投稿